女子力 2|広島西原店のチャットレディ求人アスタリスクブログ

チャットレディ求人アスタリスク.network

スタッフブログ

女子力 2

2021/05/24

ゴミ袋と洗濯物の数が増えたは、忙しくなった証!

忙しさを楽しさに変えながら日々を格闘しております、アスタリスク広島西原店やこです(`・ω・´)ゞ

さて、本日は3月21日に掲載したブログ「女子力」の続編を書いていこうと思います。

以前のブログでは、このお仕事をしていると自然と女子力がアップしていくというお話をご紹介させて頂きました。

今回は、また違った視点から「女子力」について考察していきます。

女性の皆さん、様々なおしゃれを楽しまれていらっしゃるはず。

例えば洋服、アクセサリー、ヘアスタイルなど、独自の好みを生かしながら個性を磨かれてらっしゃると思います。

その数あるおしゃれツールの一つ、ネイル

当店の近くにネイルサロンが出来たらしく、そこに行ったキャストのYちゃんの紹介で、Nちゃんがネイル初デビューを果たしました。

以前からネイルに憧れを抱いておりましたが18歳の彼女にはまだ敷居が高かったらしく、つい行きそびれていたとのこと。

でもチャットのお仕事を始めて、周りのお姉さま方の綺麗なネイルを見続けていると、自分もやりたい衝動を抑えきれずサロンに飛び込みました(笑)

さて、爪先が華やかになった彼女。

心もルンルン、華やかになります。

そんな時、キャストのAちゃんがまつ毛パーマをするとの情報が入ってまいります。

まつ毛パーマ?!

憧れのAちゃんがまつ毛パーマをするなら。。。。

彼女の心に新たな美への欲求が芽生え、すぐに抑えきれなくなります(笑)

こちらのサロンも幸か不幸か(笑)当店のすぐ近くにあり、Nちゃん翌日の予約を取りました(笑)(笑)。

ネイルまつ毛パーマの初デビューは、彼女にとっては大きな前進。

まつ毛はクルリン、つま先はキラキラ✨

心が楽しくなるとお仕事にも力が一層入り、売り上げがさらに上がりました!!!

そんな彼女に影響を与えているキャストさんの一人、Rちゃん。

4月5日のブログ「根性」で紹介させて頂いたキャストさんなのですが、彼女と同い年の18歳。

年齢が一緒という事もあり、彼女たちはとても仲良しです。

Rちゃんは16歳の時から居酒屋で働いており、いち早く大人の世界に身を置いているせいか、同年代の方々に比べると落ち着いた大人の雰囲気を纏っています。

また大変礼儀正しく、どちらかといえば体育会系のノリの、今どきの女性では見かけないタイプ。

例えば「私」というところを「自分」、会話の語尾には「~っす!」と、以前は暴走族のレディースに所属していたかの疑いも無きにしも非ず(笑)。

(本人は完全否定)

当然ネイルはキラキラ✨髪は茶系のロング

でも、だからといって大人びた服装をしているわけではありません。

いつもジーンズにパーカー姿で元気よく出勤される彼女。

出勤後、他のキャストさんは自前なり当店の衣装に着替えられるのですが、彼女は着替えることなく化粧をし、髪を巻くとそのままお仕事に突入。

パーカーのフードを被り、チャットを始めます。

恐らく日本全国で、そんな姿でチャットをするキャストさんは、彼女ただ一人では。。。?!

ただね、これが男性の心を射止めているのですよ!

普通我々の常識では、私服がトレーナーの方には衣装に着替えてもらい、可愛い格好でお仕事をして頂くのですが、彼女においては口を挟む気など一切ございません。

オーナーと彼女が以前していた会話をふと思い出します。

Rちゃん「ちょっと聞いてもらえますか?自分。。少しへこんじゃって。。。💦」

オーナー「どうしたんですか?」

Rちゃん「お客さんに、「そんな恰好で仕事をするなんて舐めているのか!18歳だからって何でも許されると思うな!」的なことを延々説教されたんです。」

オーナー「そんなことがありましたか。。。まあ、その方の言いたいことも分からないでもないです。恐らくこちらは金を払っている客なんだぞと誇示したのでしょう。

でもね、一切気にしないでください。世の中には一般常識や自分の物差しで物事を見ようとする人が結構います。

ですが、このチャットの世界、特に当店ではすべて自由です。

Rちゃんという個性で、当店は貴女を売り出しているのですから、どうかそんな意見は無視してください。

恐らくRちゃんが売れっ子なのを見て、自分の常識が通用しないことをやっかんだのでしょう(笑)

だから、へこむことは無いですよ。どうか自信を持ってチャット界を楽しんでください」

Rちゃん「わかりました!そうっすよね!あのオッサン、だんだん腹立ってきたっす!」

そんな、端正な顔立ちとRBの雰囲気がマッチし、とてもカッコいいRちゃんですが、最近、少し変化が。。。

ある日のこと。

「この服、借りてもいいですか?」

彼女は白のオフショルのブラウスを選び、短パンに着替えます。。。

そしてお仕事を終え、一言。

「この格好、凄く可愛いって好評でした!次の時、他の衣装も借りていいっすか?」

またある日のこと。

「髪の色を変えようと思うんですけど、黒髪なんてどうっすか?」

それを聞いたオーナー。

「いや、黒髪は。。。Rちゃんのイメージが。。。どうか黒髪だけは勘弁。。。」

Rちゃん「そうっすか?自分、大人ギャルになろうかなって、ちょっと思っちゃって。駄目っすかね?」

オーナー「いやあ。。。Rちゃんのイメージが。。。」

Rちゃん「そうすよね!色々迷ってたんっすけど、やっぱ辞めます!(笑)じゃあ、ミルクティーブラウンにします!」

ホッとしながらオーナー「うん!それが良い!(笑)」

Rちゃん「じゃあ、美容室予約しているんで、今から行ってきます!」

オーナー「今日?!わかりました。。じゃあ、お披露目楽しみにしておきます」

その夜。

「いいじゃん!可愛い!可愛い!」

はしゃぐオーナーを尻目に、彼女はどこか浮かない顔。。。

「今日初めて行った美容室、担当が下手でまだらになってるんすよ!腹立つ!」

納得いかない彼女はそれでも気分一新、チャットルームへ向かいます。

その後ろ姿を見送りながら、オーナーは少し考え込み始めました。

数時間後。

お仕事が終わり、彼女がリビングにやって参りました。

「Rちゃん、ちょっといいですか?」

オーナーが神妙な顔で問いかけます。

「恋してる?」

それを聞いた彼女の顔はみるみる真っ赤に染まります。

「え?なんで分かったんすか?!」

顔を両手で覆い、恥ずかしさを隠そうとする彼女(笑)

その後、彼女は大人の男性に恋をしていることを告白してくださいました。

まだ両想いではないけど、その人に似あう女性になりたくて、女子力アップに力を入れ始めたそうです。

それを聞いたオーナーは笑いながら言いました。

「その恋、全力で応援させて頂きます!ただ。。。」

今度は神妙な面持ちで話を続けます。

「前も言いましたが、男のせいでチャットのお仕事を辞めるのだけはどうか勘弁。。。」

すると笑いながらRちゃん。

「それは大丈夫っす!なんでしたらそんな理由で辞めないと、一筆書きますよ!自分、このお店のこと、裏切ったりしないので!」

なんとも男前の発言!(笑)

すがるように懇願するオーナーの姿に一同爆笑でした。

チャットのお仕事は、それに携わる女性をどんどん「いい女」に変えていきます。

もしかしたら「恋」に匹敵するくらいの力があるのかもしれませんね!

Rちゃん!その恋大きく実るといいですね!!!

後日。

オーナが呟きます。。。

「みんな、どんどん綺麗になっていくなあ。。。」

そして少し間を空けて、小声で。。。

「私も、まつ毛パーマしようかな。。。」

またか!あんた!また女子力アップしようとしてるんかい!!!(笑)

当店はアストラムライン西原駅、格安のネイルサロン、格安のまつ毛パーマサロンが近くにあり、大変便利です!

稼ぎながら、いい女になる!

こんなお仕事、他にあります???

さあ!皆さん!一度アスタリスク広島西原店に遊びに来てください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

アスタリスク広島西原店 やこ。

アスタリスク広島店の女性スタッフやこです(*´꒳`*)



食べる事と猫が大好きすぎて捨て猫とかすぐに拾ってきちゃいます(笑)



キャスト経験はありませんので、日々勉強をしてます!



アスタリスク広島店に入ってきてくれる女の子と共に成長出来たらいいな、と思ってます♪



まずは皆さんと仲良くなることから始めたいので、困った事などあれば気軽にお話ししてください☺️







アスタリスク広島西原店

☆アスタリスク広島店で働くメリット

Q 彼氏、旦那にばれたらどうしよ、、
A 大丈夫です。身バレの対策とノウハウを全力で伝授します。

Q 確定申告ってなに、、?旦那の扶養から外れたらどうしよう
A 大丈夫です。アスタリスク広島では税理士にすぐに聞くことが可能です。

Q 本当は深夜も働きたいけど終電が、、宿泊はどうしても落ち着かなくて、、
A 大丈夫です。送迎しましょう!(かなり遠いところは難しいですが笑)

女性ファーストを第一に考えている事務所です!
困ったこと、悩んでいること、もっとこうして欲しいなど何でもご相談してください☆

店舗別カテゴリー

社長Twitter

ホットライン