モグラのつぶやき⑲|金山マダム専門店のチャットレディ求人アスタリスクブログ

チャットレディ求人アスタリスク.network

スタッフブログ

モグラのつぶやき⑲

2020/12/03

こんにちは♪

金山マダム店オーナーのaiです(*´ω`)

ブログを見て下さって有難うございます😊

今日は、もぐら先輩の連載をお届けします✋

もぐら先輩とは→

これまでのお話(リンク貼ってます)

モグラのつぶやき①

モグラのつぶやき②

モグラのつぶやき③

モグラのつぶやき④

モグラのつぶやき⑤

モグラのつぶやき⑥

モグラのつぶやき⑦

モグラのつぶやき⑧

モグラのつぶやき⑨

モグラのつぶやき⑩

モグラのつぶやき⑪

モグラのつぶやき⑫

モグラのつぶやき⑬

モグラのつぶやき⑭

モグラのつぶやき⑮

モグラのつぶやき⑯

モグラのつぶやき⑰

モグラのつぶやき⑱

夜の時間帯もどうなんだろーと気になりだし、稼ぐのか楽しくなってた( ˙꒳˙ )
夜出勤するには家族にお願いしないといけないし、今と違う時間に寝る。主婦のやることも寝る間を削りやらなきゃいけない。

負担が大きすぎるかとパートも疎かにするのもできないし昼間がベストなのに…

無理して入って稼げるならもしかして、効率的なのか。

たまになら大丈夫かもと自分の身体とも相談しながらいる自分がいた(´・_・`)
また楽しむより先のポイント優先になってる自分がいる…

そんな時、主人が仕事辞めるかも。って(><)

かも。っていうのはほぼ辞める方向だろうなって…色々愚痴は聞いてたけど辞める…そんな(._.)
あー。また試練が来た…生活費、子供の塾代、学費などどーすんの?

会社を辞めるのはいいけど、パートで社員になるかパートを辞めてチャット本業として働くか、。

新しく求人誌から選ぶか悩む。

無理して嫌な仕事を続けることもさせたくないし、なんとかするわ!って気持ちになった。

金山マダム店は現在新規募集をストップしています。

再開の際は、またブロブにて告知いたしますので

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いたスタッフ

アスタリスク金山マダム専門店 ai(あい)

金山マダム店のオーナーai(あい)と申します。

アスタリスク名古屋本社スタッフを経て、2018年に独立し金山マダム店オーナーとなりました。



私が一番お伝えしたいのは「チャットは楽しい」という事です。

チャットレディについて調べていくと

「大変」「つらい」「すぐ辞める人が多い」という言葉を多く見かけます。

ですがそれはチャットに限ったことでしょうか?

どんな仕事でも、一生懸命向き合っていたら大変ですしつらいです。

それでも仕事を続けるのは、その中でも楽しみややりがいを見つけられるからですよね。



チャットをすぐ辞めてしまう人が多いのは、その「楽しみ」や「やりがい」を見つけられないからだと私は考えています。



私は自分自身が今もチャットレディとしてチャットをしています。

冒頭でも申し上げました通り、「チャットは楽しい」と感じているからです。

教える立場である私達がチャットという仕事を楽しめていなければ、新しくチャットを始める方々も楽しめるはずが有りません。



どうしたら楽しめるか、どんな部分にやりがいを見つけられるか、人それぞれです。

稼げる額にやりがいを感じる方、

男性会員さんとのやり取りを通じて自分に自信を付ける事をやりがいに感じる方、

自分の対応次第でファンが増えていくことにやりがいを感じる方、

様々なやりがいがあります。

一緒にやりがいを見つけて、チャットを楽しみませんか?



学歴・資格・スキル・外見・年齢、一切関係ありません。

オーナーである私も、高卒・資格は運転免許のみ・アラフォー経産婦です。

チャットは普通の主婦が、普通のOLが、始めたその月から月収15万円~40万円を目指せるお仕事です。



金山マダム店でチャットを始めた方は、1年以上続く方がとても多いです。

オープン当初から在籍している方もいらっしゃいます。

いくら稼げても、長く続かなければ意味がありません。

チャットのテクニックの面のサポートもメンタル面のサポートもお任せください!

自称、愛知で一番のチャットオタクの私がしっかり稼げるコツをお教えします♪



一緒に楽しみながら収入を増やしませんか?

あなたにお会い出来る事を楽しみにしています!

アスタリスク金山マダム専門店

マダム店といえど年齢は25歳からOK
学生、主婦、OL、フリーターなど様々な業種の方からご応募頂いております。
お問い合わせだけでもお気軽にご連絡ください。
経験者女性スタッフが対応させて頂きます。

詳しくは、是非店舗情報をご覧くださいませ。

店舗別カテゴリー

社長Twitter

ホットライン