待機地獄が続いた時にやってみること|大森駅前店のチャットレディ求人アスタリスクブログ

チャットレディ求人アスタリスク.network

スタッフブログ

待機地獄が続いた時にやってみること

2020/09/19

どーもです!アスタリスク大森店 あすか です!(‘ω’)ノ

今回は・・・チャットレディさん誰もがぶつかる壁!

!!!!!【待機地獄】!!!!!

いやだああああああああああああああああああああ

だけど絶対にぶつかるんです。。。

特に新人マークが消えた瞬間や、いつも常連の仲良しさんたちが

こぞってログインしていない世間の繁忙期など・・・

そんな時こそ、大森店では小さな見直しを行います\(^o^)/

①待機中のパフォーマンスやアクションを大きめにする

②服装を変えてみる

③ひとことを周りと被ってないか見直してみる

④アイコンの写真を変えてみる

そして、同じ時間、同じタイミングでログインしている子達が

どんなことをしているのか?被らずに印象に残るにはどうしたらいいのか?

これらをアドバイスしながら一緒に考え行動してみる!

も〜本当にこれに限ります><

チャット中はどうしても「自分」だけのことで一生懸命になりがち・・・

だけど、「他の人」が何をどんなふうにしているのか?

「他の人」にあって「自分」にないものはなんなのか?

やっぱり人から学ぶことってすごく大きい気がします\(^o^)/

色んな人達の待機中の様子が見れるのもチャットの素敵なところですよね☆

いつも2ショットで埋まってる人の自己紹介を読んでみたり

ブログを読んでみたり写真のとり方を見てみたり

研究し放題!成長するきっかけがたっくさん!いえい!

そんな小さなきっかけを見落とさずに一緒に頑張りましょう♪

この記事を読んで少しでも気になった方は、ぜひ アスタリスク大森店 へご連絡くださいませ♪

この記事を書いたスタッフ

アスタリスク大森駅前店 あすか

(※写真の右側がわたしですよー!)

はじめまして!アスタリスク大森駅前店マネージャーのあすかです!

九州出身の博多っ娘でしたが東京暮らしも10年目になりました。。。

チャット業界歴はまだまだ全然短いですが、これまで10年間様々なナイトワークに携わりながら、フリーランスのライターとして働いておりました♪常に女の子に囲まれていた気がします。笑

キャバクラから始まり、ラウンジ、スナック、ガールズバー、メンズエステなどなど色々な環境で毎日沢山の男性に接し、沢山のお酒を浴びてきました。笑

現場で培った『ナイトワークならではのスキル』をチャット業界でも活かせないだろうか??そんな思いから今回アスタリスク大森駅前店をオープン致しました♪

触られたり直接会うことのないライブチャットは、安全に働くことができるのが1番の魅力だと思います。

これまで、直接会って男性のお客様を接客をして怖い経験や辛い経験をした事がある方、トラウマになって働くことが憂鬱になっている方。色々な悩みを抱えた方にも働きやすい環境を提供できるよう、ナイトワーク経験のあるスタッフがサポートします♪

今のお仕事に悩みがある方、これまでとは少し違う働き方で稼ぎたい方、培ってきた接客経験を活かしたい方、是非一度お話をきかせてください(*^^*)

チャットレディの魅力をお伝えしながら、1人1人の魅力を引き出せるそんな店舗にしたいと思います☆

アスタリスク大森駅前店

【***頑張ったら 頑張った分だけの高収入!***】

チャットレディというお仕事は、頑張ったら頑張った分だけしっかりと成果が出る
そんなお仕事です!決して「楽して簡単に稼げる♪」お仕事ではありません!
しっかりと向上心を持ってお仕事ができる方にはとってもオススメです♪
大森駅前店では「楽しく簡単に稼げる」コツをしっかりとお伝えしながら
通勤が楽しくなるチャットを伝授します(*´ω`*)

【***夜のお仕事経験者には特に働きやすいお店です***】

キャバクラやガールズバーで働いてきたけど…
もっと自分らしく!もっと安心して自分のペースで働きたい!!そんな方も多いのでは?

大森店では、夜職の経験豊富な女性スタッフが皆さまのお仕事をサポート・管理いたします♪
もちろん、夜のお仕事未経験の方でも楽しくトークする技術など0からサポートさせて頂きます!
お話が好きな方、自分磨きを頑張りたい方、特技を活かしたい方
『チャットレディ』という新たなフィールドで輝きながらがっつり稼ぎませんか?

学生さんやお仕事の合間に時間がある方、もちろん主婦の方やフリーターさんも大歓迎☆★
「やってみたいけどわからない事だらけで不安…」そんな方も安心してください!
女性スタッフが対応させていただきますので、まずはご相談だけでもお気軽にご連絡ください♪

店舗別カテゴリー

社長Twitter

ホットライン