ピークタイムを狙えっ!24時間いつでも働けるチャットレディで稼ぎやすい時間とはっ|大阪梅田店のチャットレディ求人アスタリスクブログ

チャットレディ求人アスタリスク.network

スタッフブログ

ピークタイムを狙えっ!24時間いつでも働けるチャットレディで稼ぎやすい時間とはっ

2021/01/29

こんばんは🌙

アスタリスク大阪梅田みかん🍊です♪

今日はたらこちゃんと一緒です🐡🐙

チャットレディFちゃんも一緒に❤

 

今日は平日ですが

頑張る大阪梅田のチャットレディさんたちは

みんな思い思いに稼いでいます♡

稼ぐなら効率的に稼ぎたいですよね!✨

チャットレディにはピークタイムといって、

【稼ぎたかったらこの時間にぜひ入りましょう!】

というゴールデンタイムがあります!


まずはやっぱり🌙ですっ

なぜかというと

お仕事を終えて、くたくたになって帰ってきた男性が

寝る前に

「ムラムラするな、、、すっきりしてから寝よう(にやにや)」

とか

「疲れたよ、、、💦癒しが欲しい(ニタア)」

とサイトに来る男性の数が1日の中で最も多い時間帯だからです!

特に21-3時の間がアツいです⌚

この時間を狙ってお仕事すると出会える男性の数も多く

多くの男性の相手が出来れば出来るほど

稼ぎが増しに増してゆきます💸

 

それから夜だけでなく!

だと🌞

特に5~8時くらいまで

この時間は多くの男性が起き始めるころで

寝起きムラっとする男性も多いです。

出かける前にすっきりしたいなー

と多くの男性がやってきます!

朝がおいしいポイントは、男性の数に対して

サイトに出演している女性が夜に比べて少ないのです

 

そして

男性の働く時間やお休みも様々ですので

午後から出かける男性がお仕事に行くまでの間サイトに遊びに来てたり

逆に夜勤を終えてこれから寝るって言う男性がいたりします👦

お昼帯は夜に比べると男性の数は限られてきますが、

会社の偉い人だったり

経営者の男性だったり

比較的時間の融通の利く、社会的地位の高い人がお昼にこっそりチャットをのぞいてたりするので

そういうお客さんを常連にできたりしちゃったりすることもあって、、

お昼でも稼ぐチャンスはしっかり頃がっています!🚹💸🚹💸🚹💸

 

ライブチャットのサイトは24時間動いてますので

自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に働くことが出来ます♪

 

もちろんアスタリスク大阪梅田店

24時間体制で運営しておりますのでご安心くださいっっ

ちなみに好きな時間で働けますが

出演する時間、可能であれば曜日も固定した方が

常連さんを作りやすくて、稼ぎが安定しやすいです♪

工夫次第でどんな人でも稼げるのがチャットレディのお仕事のいいところですので

学生さん

OLさん

主婦さん

お金が欲しい全ての方!

ぜひ興味を持っていただけたら

面接・体験に来てほしいと思っています♪

ご応募お待ちしております♪

 

次のブログは

(がーこ・ω・さんっ)

さよなら!

この記事を書いたスタッフ

アスタリスク大阪梅田店 みかん(26歳)

はじめまして!

大阪梅田店スタッフの

みかんです。



スタッフになる前は、同じ大阪梅田店で1年ほど副業としてチャットレディをしていました。

チャットレディは他に負けないやりがいのあるお仕事だと思います。



Wワークは大変でしたが、1年間続けることが出来たのは

チャットのお仕事が働いた分だけしっかり稼げたことと、事務所の居心地がとても良かったからです。

チャットを頑張ってみることで、お金以外にも得られる大切なものがたくさんありました。



今度はスタッフとして、全力でチャットレディさんのサポートをしていきたいと思っています!



あなたの夢を応援させてください♪

会えるのを楽しみにしていますっ



アスタリスク大阪梅田店

アスタリスク大阪梅田店は大阪駅、梅田駅、東梅田駅直結の泉の広場出口から徒歩2分の好アクセスな職場
大阪市内では数少ないオフィスタイプの事務所となりますので通勤時の人目も気にせずお越しいただけます。

普通のチャット事務所には無い「独自の研修制度」があるため、未経験・経験問わず収入を格段に伸ばす事が可能です。(アスタリスク大阪梅田店の在籍チャットレディ様は9割以上が未経験スタートの女性です)

・本業チャットレディとしてガッツリ稼ぎたい女性
・副業として本業にバレずにチャットレディで効率よく稼ぎたい女性
・主婦でパートタイムの時間を使って高収入を得たい女性
などなど様々なチャットレディが在籍しているアスタリスク大阪梅田店だからこそ、個々の希望に合わせた最適なご提案をさせて頂いております。

店舗別カテゴリー

社長Twitter

ホットライン