【24時間いつでもオープン】稼ぎたい子が集う場所が、アスタリスクなのですっ|大阪梅田店のチャットレディ求人アスタリスクブログ

チャットレディ求人アスタリスク.network

スタッフブログ

【24時間いつでもオープン】稼ぎたい子が集う場所が、アスタリスクなのですっ

2021/06/18

こんにちは(*´ω`*)

アスタリスク大阪梅田店の、ぽっぽです~

またもや久しぶりのブログでございますっ!

 

 

チャットには来てたんですよ??

ぽっぽは週に2-3回はチャットしておりますので

スタッフの中ではチャット入ってる日数も多いです!

 

でね。。事務所にいる時間も多いので

事務所にいるときは、チャットの合間に

女の子たちから

チャットでの悩み事やを共有しあったり

時にはプライベートな出来事も聞いたりして

 

みんないろいろあるけど・・・

目標に向かってがんばってるなあって・・・

ほんとにいつも頑張る女の子たちから、たくさん元気もらってます!

 

 

↑ 出勤してきたTちゃんっつ。10万円の買い物したから

がんばるって言うてます(笑)

 

自分と同じように頑張る子が

実際にどんな風にチャットしてるんだろう・・

稼ぐためにみんなこんなときはどうしてるの?

不安に思っても

女の子たちの生の声が聴けると分かりやすいし

自分に置き換えて考える事できるし

よしっ!!!

頑張ろ!!って、なったりしません??

 

特にぽっぽは

年齢も上なので、若いくてカワイ子ちゃんみると

変に嬉しくなっちゃうし (*´σー`)エヘヘ

同年代の主婦のみなさまとは

ほんといろんなこと話出来ててありがたいなあって

思う事ばかり。。。

 

 

アスタリスク大阪梅田店では、

休憩などで事務所で顔を合わせたりすると

 

みんな気さくに挨拶や会話したり

ほんと・・・なんというか

アットホームな雰囲気なのですっ!!!

 

 

ひとりで部屋でお仕事してると

ちゃんと脱いでるのに、どうしてお客さん出ていっちゃうの?

誰も来ないのなんで???????

待機ばっかりで疲れたよおおおおお。。

ってしんどい気持ちになっちゃうこともあるし

 

「自分だけなのかな、、?みんな繋がってる・・・」

って気持ちが弱ってくる時もあるんです。。><

 

そんな時に、他の子も頑張ってるもんなっ!!!って

思うと 頑張れちゃうこともあるし

事務所に来てお話しすることで

気分転換できることもあると思うんですっ。

 

 

もうチャットやだぁ・・(´;ω;`)ってめげそうな時は

スタッフに弱音吐いてください!!

 

アスタリスク大阪梅田店で頑張る女の子たちと一緒に

がんばりたいってスタッフ全員おもってますっ!!!

 

一緒に、稼いでいきましょうっっ!!

 

 

 

 

次のブログは。。。

にこちんっ!!!!!

 

 

この記事を書いたスタッフ

アスタリスク大阪梅田店 ぽっぽ(46歳)

大阪梅田店アルバイトスタッフのぽっぽと申します





私は、40代です





面接の時に「40代でも大丈夫ですか・・?」と

質問したこと今もはっきり覚えています



全然!!!大丈夫だよ!っと言ってもらって

ぽんって背中を押してもらいチャットの世界に飛び込みました



そして

今も楽しくチャットを続けています



チャットは画面越しの「接客業」です

接客ってお客様だけではなく、自分も楽しんでやるものだなあと

日々感じながらお仕事できているのは

スタッフのサポートあってこそだと痛感してます



この楽しさや、やりがい、ワクワクすることを

一緒に感じあいたいなって思います

みなさんの目的や夢の為に

一歩、踏み出してみてくださいっ!!



確実にいろんなことがかわる世界です

お会いできることを楽しみにしています

アスタリスク大阪梅田店

アスタリスク大阪梅田店は大阪駅、梅田駅、東梅田駅直結の泉の広場出口から徒歩2分の好アクセスな職場
大阪市内では数少ないオフィスタイプの事務所となりますので通勤時の人目も気にせずお越しいただけます。

普通のチャット事務所には無い「独自の研修制度」があるため、未経験・経験問わず収入を格段に伸ばす事が可能です。(アスタリスク大阪梅田店の在籍チャットレディ様は9割以上が未経験スタートの女性です)

・本業チャットレディとしてガッツリ稼ぎたい女性
・副業として本業にバレずにチャットレディで効率よく稼ぎたい女性
・主婦でパートタイムの時間を使って高収入を得たい女性
などなど様々なチャットレディが在籍しているアスタリスク大阪梅田店だからこそ、個々の希望に合わせた最適なご提案をさせて頂いております。

店舗別カテゴリー

社長Twitter

ホットライン