チャットレディに年末調整はありません(個人事業主で業務委託業のため)

チャットレディ求人アスタリスク.network

コラム

チャットレディに年末調整はありません(個人事業主で業務委託業のため)

2020/11/30

「チャットレディって年末調整?それとも確定申告?」

「サイトや代理店に雇用されているのかな?」

チャットレディのお仕事ってどこかに雇われているのか、税金はどうやって納めるかなど、分からないことが多いですよね。

ずばりチャットレディは個人事業主であり業務委託業のため年末調整はありません

副業チャトレの方は会社で年末調整があると思いますが、チャットレディの報酬が一定以上を超えた場合、それとは別に確定申告しなければなりません。

ここではチャットレディに年末調整はいるのか、確定申告との違いなどを解説していくので、参考にしてもらえたら嬉しいです(⌒∇⌒)

年末調整とは

年末調整とは、会社が従業員の税金を計算して、納税(または還付)する手続きのことをいいます

毎年11月頃に、生命保険料の控除証明書などを用意して、添付して提出するアレです。

簡単にいうと、自分の代わりに、会社が納める税金を計算して納めてくれるんです。その逆で、とりすぎた税金は還付してくれます。

会社員の場合、毎月の給与から、源泉徴収という形で所得税が天引きされます。

会社が納める予定の税金額を、毎月あらかじめ差し引いてくれるということです。ただ毎月既に差し引いているのであれば、もう一回わざわざ年末調整なんているのか?という感じになりますよね。

実はこの源泉徴収、以下のような理由で正確な金額よりも過不足があります。

  • 「毎月の給与は一定額」という計算で天引かれる(途中で給与額に変動があっても反映されない)
  • そもそも生命保険料などは年末調整で還付される(年末調整後に還付される仕組み)

残業があったり、勤務時間が変更になったり、会社が変わったりなど、1年間で色々な変動はありますよね。

源泉徴収の金額はあくまで予定なので、実際と違ってくることがあります。

この源泉徴収のズレを、会社が年末調整で調整し、代わりに納税・還付してくれるということですね。

個人事業主のため年末調整はない

では、チャットレディには年末調整はあるんでしょうか?確定申告なんでしょうか?

チャットレディはライブチャットサイトや代理店に雇用されておらず、個人事業主として働いています。

業務委託としてお仕事をしているので年末調整はありません

源泉徴収がされないので、自分で確定申告を行い、税金を納める必要があります。

会社員で副業チャットレディをしている人は年末調整があると思いますが、給与以外の所得、つまりチャットレディの報酬が一定以上の場合は、別で確定申告をしなければなりません。

確定申告とは

チャットレディが必要時にしなければならない確定申告とは、どのようなものでしょうか。

確定申告とは、個人事業主が自分で税金を計算して納税する手続きのことです。毎年2月中旬~3月中旬に行います。

(2020年はコロナの影響で、4月中旬まで延長になりました)

会社が変わりに計算・納税してくれる年末調整と違い、確定申告は自分自身で全て行わなければなりません

チャットレディの場合、一定以上の所得であれば、確定申告は必要です。

一定以上の所得額は、専業チャットレディか副業チャットレディかで違います。

  • 専業チャットレディ・専業主婦・学生の場合・・・年間48万円以上
  • 副業チャットレディの場合・・・年間20万円以上

年間20万以上稼いでいたら、会社員の副業チャットレディさんでも確定申告の必要があります。

こちらは確定申告の記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください(⌒∇⌒)

年末調整と確定申告の違い

年末調整と確定申告の違いについて、表でまとめてみました。

年末調整 確定申告
対象者 会社員 個人事業主(チャットレディはこちら)
誰が納税するか 会社 本人
契約 雇用契約 業務委託

簡単にまとめると、年末調整は会社員確定申告は個人事業主が対象になります。納税者は年末調整は会社、確定申告は個人事業主本人が行います。

雇用契約を結んでいるか、業務委託として働いているか、という契約方法の違いもありますね。

年末調整・確定申告まとめ

  • 年末調整・・・会社員が対象で、会社が変わりに所得税等を払ってくれる手続きのこと。
  • 確定申告・・・個人事業主が、自分で所得税等を計算・納税する手続きのこと

確定申告で副業でバレる?

この確定申告ですが、副業チャットレディの人の場合注意しなければならないことがあります。

それは、住民税の通知によって会社に副業がバレてしまう可能性があることです。

住民税額は、本業と副業の所得額の合算で決定します。

チャットレディの収入を確定申告した場合、会社の給与所得のみの住民税よりも高額になります。

そのため、会社に届く住民税の通知から経理の人に副業がバレてしまうリスクがあります。

この対策としては、確定申告時に「主給与以外の所得を普通徴収で支払う」にチェックをしてください。

通常給与所得での住民税は「特別徴収」として毎月の給与から天引きされます。そのため特別徴収の通知は必然的に会社に行くことになります。

チャットレディの所得を確定申告する際に「普通徴収」としてチェックをすると、自宅に住民税の通知がくることになり、会社にバレないようにできます。

参考:国税庁(住民税に関する事項を記入する)

ただこの方法は確実にできるとはいえず、市区町村によっては全て特別徴収にしてくださいというところもあるようなので、その場合はできません(´;ω;`)

副業に寛大な会社であれば正直に話すか、確定申告がいらない年間20万円以下に所得をおさえるのが最も確実です(-_-;)

まとめ

年末調整や確定申告について詳しく解説していきました。

年末調整まとめ

  • チャットレディは個人事業主なので、年末調整はなく確定申告をしなければならない
  • ただ専業チャトレなら年間48万円、副業チャトレなら年間20万円までは確定申告が不要
  • 税金は売上ではなく、チャットレディの売上から経費と控除を引いた「所得」に課せられる

チャットレディのような個人事業主は、会社が変わりに所得税や住民税を払ってくれるような仕組みはないので、自分で確定申告という手続きをして所得税を支払う必要があります。

専業チャットレディさんなら年間48万円、副業チャットレディさんなら年間20万円という金額を稼いだら、確定申告の必要があるので、是非覚えておいてください(⌒∇⌒)

 

社長Twitter

ホットライン